技適マークの是非 – 技適がない電子機器を使うと捕まるのか?

技適マークの是非 – 技適がない電子機器を使うと捕まるのか?

最近Surface Goについて調べていると技適マーク()がよく話題に上がっています。技適がないから電源入れてレビューできない、テストできないなど。

日本国内で電波を発する機器を使用する場合、電波法に準拠した仕様となっていることとその認証が必要です。
電波を発する機器といえばトランシーバーや携帯電話などを想像するでしょう。が、PCやタブレット、ワイヤレスイヤホンのようにWi-FiやBluetoothを扱えるものは法律上無線機として扱われ、本規制の対象になります。
国内においては、技適マークなしにWi-FiやBluetoothを扱えるものは違法になる可能性があるのです。

一般に使用する無線機の殆どに特定無線設備の技術基準適合証明等のマーク(技適マーク)が付いています。
技適マークが付いていない無線機は、「免許を受けられない/違法になる」恐れがありますので無線機を購入・使用する際は十分ご注意下さい。

http://www.tele.soumu.go.jp/j/adm/monitoring/summary/qa/giteki_mark/

技適マークがない電子機器で電波使うと捕まるの?

現実問題としてよほどの悪質なケースでない場合は、すぐに捕まるということはないようです。そもそも技適がなくてもWi-FiやBluetooth自体にIEEEなどの要求があります。Surface Goは複数の国で販売されるデバイスで、欧米の認証を通っています。技適がなくても、悪質な電波妨害・干渉を起こす可能性は小さいでしょう。

過去に捕まったケースとしては、技適を通っていないトランシーバーを使って客引きと頻繁に通信していた店舗の検挙があります。以下総務省pdfの最後の方に詳しいです。トランシーバーの電波はWi-FiやBluetoothと比べるとはるかに強力な電波を発します。しかもこの店舗の場合は違法性を認識していながら気にする素振りも見せなかったことが文書として残っていました。

http://www.aaal.jp/assets/files/2013-01denpahou4.pdf

だからといって技適マークがなくても使っていいわけではありませんが、前述の総務省ホームページにもある通り即刻違法というわけでもないようです。総務省としても割り当てられるリソースに限りがあるでしょう。悪質な例でない限りわざわざ調査しにくることも考えにくいです。

技術的な問題があるかどうかですが、海外の認証があれば訪日外国人に対して90日間の期間限定で技適マークがない機器の使用を認めています。これはWi-FiやBluetoothは技適認証を通っていなくても国内で安全に使えることを暗に示しています。個人的にはBluetoothやWi-Fiは海外の認証を取れば技適と同等の認定とすれば良いのに…と思います。

日本の技術基準に相当する技術基準(国際標準)に適合するものであり、かつ、2.4GHz帯、5.2GHz帯、5.3GHz帯及び5.6GHz帯の周波数の電波を使用する小電力データ通信システムの無線局(Wi-Fi端末及びBluetooth端末)が対象となります。
なお、訪日観光客等の入国の日から90日以内に限って利用可能です。

http://www.tele.soumu.go.jp/j/sys/others/inbound/

不安な場合は、総務省HPにもある通り最寄りの総合通信局に相談するとよいでしょう。その場合は商品の名称、型番や写真等も併せて連絡するときっと判断しやすいと思います。
また技適を通っているかどうかは型番・モデル番号がわかっていれば下記HPでも調べることができます。

この法律自体昭和の時代に作られたもので、もしかすると現在のようなスマホ・タブレットといったパーソナルデバイスの急速な発展についていけていない部分があるのかもしれません。

技適は海外で電子機器を購入する際の障壁となる

日本国内でお買い物をしている分にはほとんど意識することもないのですが、海外で電子機器を購入したり、海外から個人輸入したい場合などには問題となります。例えば海外でしか販売されていない製品が多数存在し、その中にはとても魅力的なデバイスも含まれます。

ほとんどのスマホ・PCメーカーはその商品を複数の国にわたって発売しており、日本も例外ではありません。例えばAppleのiPadやMicrosoftのSurfaceなどの製品が挙げられます。

Appleぐらいメジャーになればその認証には隙が無く、技適マークなども設定画面からソフトウェア的に確認することができます。

ところが中国の新興メーカーであったり、Microsoftほどの規模でもリリースのタイミングによっては技適認証を得ていないモデルが海外において発売されることがあります。

価格が安かったり、海外専売モデルが魅力的なものな場合輸入して購入したくなるでしょう。しかし技適マークがついていない状態で国内で使うことは違法になる可能性があるので安心できません。

冒頭のSurface Goの場合は国内価格が海外と比べ2万から3万円ほど高いことが海外価格の発表の後でわかりました。Microsoft Officeがバンドルされていることがその理由ですが、Office 365のSubscriptionを持っている人が多いことやOfficeを必要としない人達にとってみれば不評だったようです。
そのためAmazonやebayから価格が安い海外版を輸入しようとしても、技適マークがついていないから安心して使うことができないという問題があるのです。

また法的には電波を発する機能を有するだけで無線局の開設として扱われるらしく、電源を入れてもWi-fiやBluetoothを使わなければ良いわけでもないそうです。当然といえば当然かもしれませんが、厳しいものです。

やり取り

#マイコンボードに技適非対応のWi-Fi等の無線機が載っている場合、電源を入れると電波を出してなくても違法になるというのは間違いありませんか?
$無線局の開設に当たるので違法です。

https://qiita.com/maclineto/items/0a1e7e56a002aeb858f9

魅力的なモデルが日本で発売されない、発売が大きく遅れる、価格が非常に高くなるといったことから海外輸入のニーズは今後増大していくと考えられます。技適についても、訪日外国人への限定開放と絡めてもう少し踏み込んだ対応をとってもらいたいと願うばかりです。

スポンサーリンク

IT動向カテゴリの最新記事